Menu

携帯乗り換えのマル秘テクニック

簡単解説!家族回線とMNP



かつてほどではありませんが、家族で同時に携帯乗り換えをしたり、同じ携帯電話事業者に統一したりするとメリットがあります。ですので、家族の方がいらっしゃる場合には、単独ではなく家族の方も含めて携帯乗り換えを検討することをおすすめします。

この記事では、全キャリア共通の家族回線を一つのキャリアにそろえるメリットと、キャリアごとの家族で携帯乗り換えをする際のキャンペーンについて紹介します。

▶目次

1、キャリアを統一することで得られるメリット

簡単解説!家族回線とMNP

家族でキャリアをまとめることで得られるメリットについて紹介します。

家族で請求書を一本化できる

携帯乗り換えを実施して、家族の回線を一つのキャリアに統一すると、家族で請求書を1本に統一できます。
口座からの引き落とし、あるいはクレジットカードからの引き落としが1本にまとまるので、家計の管理がしやすくなります。

キャリアのサービスによって電気料金や固定電話の料金、固定インターネット回線などのサービスをまとめることもできます。

家族間通話24時間無料

家族間の通話が24時間無料になります(家族割引加入時)。

データシェア、プレゼント

ドコモ、ソフトバンクの場合には、データシェアプランが利用できます。家族間で、データをシェアすることで、データ使用量のばらつきがある家族間で、無駄のないデータプランを契約することができます。

auの場合にはデータのシェアはできませんが、データギフトができます。余ったデータ容量を家族のメンバーにプレゼントできるプランです。

みんな家族割

家族で同じ事業者を利用するメリットの中で、最もおすすめの割引サービスがソフトバンクのみんな家族割です。

家族回線を契約し、ウルトラギガモンスター契約という条件を満たせば、最大1回線あたり2,000円/月の割引が受けられます。ウルトラギガモンスターは1か月50GBまで使用できる大容量プランですので、家族でデータ容量を気にせずにデータ通信を行うことができます。

みんな家族割の特徴は、同居の家族に限らず離れた親せきや同居の恋人、シェアハウスの同居人などともグループが組めることです。

2、携帯乗り換え時のメリット

簡単解説!家族回線とMNP

家族回線を同時に乗り換えるメリットについて紹介します。

端末が安く購入できる

NTTドコモでは、家族まとめて割というキャンペーンを実施しており、2台以上同時に購入し、シェアパックに加入すると1台あたり最大5,184円の割引を受けることができます。ドコモでは、これと別に、家族紹介特典としてdポイントが10,000ポイント付与されるキャンペーンも実施されています。

auやソフトバンクでは2018年9月時点では実施されていませんが、過去に家族回線ポイント付与キャンペーンが実施されていました。auでは、家族割の加入が条件になっていませんが、他社からのMNPの場合、10,000p付与されるauデビュープログラムというキャンペーンが実施されています。

こうしてみると、10,000ポイントの付与があるドコモとauがおすすめのようにも見えますが、ソフトバンクのみんなで家族割の毎月の割引額を考えれば、どのキャリアも大きな特典が用意されていることが分かります。

契約期間・更新期間を統一できる

家族の回線を同時期に契約することで、新契約の契約期間や更新期間を統一できます。次回にMNPや機種変更をする際に、割賦契約の支払期間や長期割引の更新期間を個別に覚えておく必要がないので、スムーズに手続きできます。

MNPではなく機種変更をする際も、事業者から更新期間に合わせてお得なクーポンが届くこともあるので、家族で契約期間をそろえておくことはおすすすめです。

3、まとめ

この記事では、携帯乗り換え(MNP)を利用して家族回線のキャリアを一つに統一することのおすすめポイントを紹介しています。

家族回線のキャリアを統一するのは2つの側面(利用中のプランやサービスなど・契約時の割引など)でメリットがあります。キャリアを統一することのメリットは、請求書を一本化して手間を軽減できること、家族間通話が24時間無料になること、データのシェア・ギフトができることです。

他に、ソフトバンクは条件を満たせばデータプランの割引、ドコモは加入時のポイント付与と端末代金の割引が受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です