Menu

携帯乗り換えのマル秘テクニック

ソフトバンクからのMNPはワイモバイル!



携帯乗り換え(MNP)の際に、高額キャッシュバックが受け取れるのはソフトバンク、ということを紹介していますが、現在ソフトバンクを利用しているユーザーが最もお得にMNPするにはどのキャリアを選べばよいでしょうか?

もちろん、重視するポイントや契約者の方の状況によって一概に言えない部分はありますが、ここではソフトバンクサブブランドであるワイモバイルをおすすめします。

この記事では、ソフトバンクからのMNPにワイモバイルがおすすめである理由について紹介します。

▶目次

1、ワイモバイルとは

ソフトバンクからのMNPはワイモバイル!

ワイモバイルについて詳しくご存じでない方のために、ワイモバイルの概要について紹介します。

ワイモバイルの概要

ワイモバイルは、ソフトバンクの完全子会社の携帯電話事業者です。元々別の事業者でしたが、ソフトバンク傘下に入ったことにより、子会社となっており、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。

格安SIMの事業者は、3大事業者から回線を間借りして電波を提供していますが、ワイモバイルのみ自社の通信網を持っています。3大キャリアに比べると、通信速度はやや劣りますし、直営店の店舗の数も及びませんが、3大キャリアのように自社の通信網と専門店を保有しています。

ワイモバイルの料金プラン・通信プラン

ワイモバイルの料金プランや通信プランについて一言で説明すると、ちょうど三大キャリアと格安スマホの中間的な位置づけとなっています。

例えば、料金プランは以下のように設定されています。

料金プラン 月額 データ容量
スマホプランS 2,980円 2G
スマホプランM 3,980円 6G
スマホプランL 5,980円 14G

※ワンキュッパ割で契約から1年間、基本料金が1,000円割引になります。
※データ増量オプション(500円/月→キャンペーン中につき2年間無料)を利用すると、データ容量が1.5倍になります。
※通話は10分間かけ放題プランです。

ソフトバンク系サービスが利用できる

Y!mobileはソフトバンクと同じソフトバンク系列のため、Tカードのポイント付与・使用、ソフトバンク光(固定インターネット回線)、ソフトバンクエアー(ポケットWi-Fi)との連携ができます。

ソフトバンクでこれらのサービスを利用していた方もそのまま引き続きメリットを受けられます。

2、ソフトバンクからワイモバイルへ携帯乗り換えのメリット・注意点

ソフトバンクからのMNPはワイモバイル!

ソフトバンクからワイモバイルへの携帯乗り換えのメリットと注意点について解説します。

周辺サービスを維持しながら費用を節約できる

上述の通り、ワイモバイルは同じソフトバンク系のグループなので、ソフトバンクグループのサービスの連携や割引を維持することができます。
ライフラインを大きく変更せずにそのまま費用を節約できるという点にメリットがあります。

また、Y!mobileは格安SIMの中で品質面に特に定評のあるキャリアなので、移行にあたって戸惑う点も他のキャリアに比べれば少ないでしょう。

ソフトバンクへ解除料なしで戻れる

最大のメリットが、「ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム」が利用できる点です。
このキャンペーンを利用すると、契約解除料、番号移行手数料、新規契約事務手数料が合計最大15,500円割引になります。また、ソフトバンク対象機種へ移行の場合、毎月の通信料が1,000円×24か月分割引になります。

条件として、ワイモバイル契約後1年以上契約していることと、ワイモバイルの対象機種契約中であること(発売されているほとんどの機種が対象とされています)があります。

例えば、ワイモバイルを使用してみたものの、事前に思っていたよりも通話や通信の品質に満足できなかった場合や、ソフトバンクの最新機種が欲しくなった場合などに、手数料を負担せずにソフトバンクに戻れる非常にお得なキャンペーンです。

ソフトバンクからワイモバイルへ移行する際の注意点

ソフトバンクからワイモバイルに携帯乗り換えをする際の注意点は、ワイモバイルは子会社でサブブランドという位置づけながら別会社ということです。具体的には以下のポイントに気を付けましょう。

  • ソフトバンクで利用中の端末をワイモバイルで使用するためには、SIMフリー化が必要
  • メールアドレスは引き継げない
  • 支払方法(クレジットカードや引き落とし口座)の設定が改めて必要

3、まとめ

この記事では、ソフトバンクから携帯乗り換え(MNP)をする際のおすすめ事業者としてワイモバイルを紹介しています。

ワイモバイルはソフトバンク系のサブブランドです。ソフトバンク系の子会社と言うこともあり、ヤフー系のサービスについてはソフトバンク携帯と同様に対応しています。また、格安SIMながら自社の通信網と自前の専門店を展開しており、品質・サービス面に定評のある事業者です。

最大のメリットは、ソフトバンクに戻る際に「番号移行プログラム」が利用できることです。グループ会社ですが、別会社である点に注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です